15,000円以上のご注文で、送料無料

家でできるおすすめ焼酎カクテルのレシピを紹介!

カクテルとは、ベースとなるお酒に果汁などを加えたアルコール飲料です。

ベースとなるお酒はいろいろありますが、「スピリッツ」と呼ばれる蒸留酒が有名ですよね。

カクテルベースとして一般的な蒸留酒には、ウォッカやラム、テキーラなどがあります。

実は、私たちにとって身近な焼酎も蒸留酒の一種です。

カクテルのベースをウォッカやラムから焼酎に変えると、とてもおいしいドリンクが作れます。

また、甘みやフルーティーさが加わることで飲みやすくなるため、普段焼酎をあまり飲まない人にもおすすめです。

この記事では焼酎の種類の説明や、種類ごとにおすすめの焼酎カクテルを紹介します。

今夜のリラックスタイムにさっそく作ってみてくださいね。

 

カクテルに向いている焼酎は?

焼酎には「甲類焼酎」と「乙類焼酎」の2種類があり、酒税法によると以下のように分類されています。

  • 甲類焼酎:連続式蒸留機で蒸留したアルコール分36度未満のもの
  • 乙類焼酎:単式蒸留機で蒸留したアルコール分45度以下のもの

甲類焼酎の「連続式蒸留」とは、原料を連続して蒸留する方法です。

これにより原料 の風味を除いて効率良くアルコールを抽出できるため、クセがなくすっきりした味の焼酎ができます。

乙類焼酎の「単式蒸留」とは、原料を一度しか蒸留しない方法です。

アルコールだけでなく原料の風味も抽出されるため、味や香りに特徴のある焼酎になります。

乙類焼酎の代表的なものは、芋焼酎や米焼酎、麦焼酎、黒糖焼酎などです。 カクテルのベースに向いているのは、味や香りにクセがなく、ほかの材料と合わせやすい甲類焼酎と言えるでしょう。

アルコール度数36%未満で飲みやすく値段も安価なので、気軽にカクテルを飲みたいときにぴったりです。

 

甲類焼酎を使った簡単カクテル

カクテル向きの甲類焼酎は使い勝手が良いため、ベースとしていろいろな材料と合わせてみましょう。

ウォッカなどのスピリッツで作るカクテルよりまろやかになり、強いお酒の味が苦手な人にもおすすめです。

 焼酎モヒート

ホワイトラムのすっきり感が魅力のモヒートは、甲類焼酎で作るとさらにさっぱりした味わいを楽しめます。

【用意するもの】
甲類焼酎:40ml ライム:半個(またはライムジュース5ml)
ミント:5〜10枚程度(お好みで)
ガムシロップ:10ml 炭酸水:50〜120ml(お好みで)
氷:適量

【作り方】

1.ライムとミント、ガムシロップをグラスに入れ、全体を潰す
2.氷、甲類焼酎、炭酸水を入れて軽く混ぜる 簡単に作るときは、全ての材料をグラスに入れてから軽く混ぜましょう。

 ほうじ茶ラテ風カクテル

甲類焼酎のクセのない味わいが、小豆の甘みやほうじ茶の香りを引き立てるカクテルです。体を温め、疲れた心を優しく癒してくれます。

【用意するもの】
甲類焼酎:40ml
牛乳:100cc
水:50cc
ゆで小豆:30g
ほうじ茶(茶葉):大さじ1.5

【作り方】

1.ほうじ茶と水を鍋に入れて1分煮出す
2.鍋に牛乳を加えて2〜3分加熱し、茶漉しでこす
3.甲類焼酎とゆで小豆を耐熱のグラスやマグに入れ、(2)を加えて軽く混ぜる

 ホット蜂蜜ジンジャー

蜂蜜の優しい甘みと生姜のピリッと感、すっきりした甲類焼酎がよく合うカクテルです。ほっと一息つく時間のお供にいかがでしょうか。

焼酎とお湯の量を工夫して、自分好みの味わいを見つけるのもおすすめですよ。

【用意するもの】
甲類焼酎:100ml
おろし生姜:小さじ1/4杯
蜂蜜:小さじ1杯 お湯:100ml

【作り方】
1.甲類焼酎とお湯を耐熱グラスやマグに入れる
2.(1)におろし生姜と蜂蜜を加えて混ぜる

 カルーアミルク風カクテル

甲類焼酎とコーヒー牛乳があれば、コーヒーリキュールなしでも簡単にカルーアミルク風のカクテルが作れます。

すっきりした甲類焼酎を使うと、ホイップクリームを加えてデザート風にしても甘みがくどくなりません。

【用意するもの】
甲類焼酎:30ml
コーヒー牛乳:80ml
ホイップクリーム:適量
ココアパウダー:少々

【作り方】
1.甲類焼酎とコーヒー牛乳をグラスに入れて混ぜる
2.ホイップクリームをお好みの量のせ、ココアパウダーをふりかける

 焼酎ソルティドッグ

クセのない甲類焼酎で作るソルティドッグは、ウォッカの刺激のある風味が苦手な人におすすめ。

グラスの縁をグレープフルーツジュースでぬらして塩をつけ、スノース タイルで飲むといっそう本格的です。

【用意するもの】
甲類焼酎:適量(お好みで)
グレープフルーツジュース:適量
氷:適量

【作り方】
1.甲類焼酎をグラスの1/3〜1/2ほど、お好みに合わせて入れ、氷を加える
2.グレープフルーツジュースを適量注ぐ

 

乙類焼酎を使ったカクテル

乙類焼酎には独特の香りがあり、素材の持つ味の深みも感じられます。

合わせる材料を上手に選ぶと、乙類焼酎の特徴を生かした新しい味わいのカクテルができますよ。

以下におすすめのレシピをピックアップしました。

 芋モスコミュール

香りのいい芋焼酎をベースにすると、爽やかなジンジャーやライムにこっくりとした芋の風味が加わり、飲みごたえのあるモスコミュールになります。

【用意するもの】
芋焼酎:45ml
ライムジュース:15ml
ジンジャーエール:90ml
カットライム:1個 氷:適量

【作り方】
1.グラスにライムを搾り、絞ったライムをそのまま入れる
2.氷をグラスいっぱいに入れて芋焼酎とライムジュースを加える
3.ジンジャーエールを注いで軽く混ぜる

 焼酎コーク

スピリッツをコーラで割るカクテルはウォッカベースの「ルシアン・コーク」などが有名ですよね。

ほんのり香ばしい麦焼酎で作ると、従来のカクテルとはまた違う、奥行きのある味わいを楽しめます。

【用意するもの】
麦焼酎:30ml
コーラ:適量(お好みで)
氷:適量 ライムやレモン:適量

【作り方】
1.グラスに麦焼酎と氷を入れる
2.コーラをお好みの量加える
3.カットもしくは輪切りのライムやレモンを添える

 黒糖カルピス

暑い季節に楽しみたい、カルピスを使った黒糖焼酎ベースのカクテルです。

こっくりとした黒糖焼酎が爽やかなカクテルに大変身しています。

すっきりと甘いカルピスに黒糖焼酎のコクが加わり、とても飲みやすくなりますよ。

【用意するもの】
黒糖焼酎:適量
水:黒糖焼酎と同量
カルピス:黒糖焼酎の1/3量
カットレモン:1個 ミント:1枚

【作り方】
1.黒糖焼酎、水、カルピスをグラスに入れて混ぜる
2.カットレモンとミントを添える

 芋ブラッディマリー

ウォッカの代わりに芋焼酎をベースにした「ブラッディマリー」です。

ブラッディマリーの引き締まった味わいに、芋焼酎のふくよかな香りが加わります。

芋の風味とトマトの酸味が引き立てあい、するする飲めるカクテルです。

お好みで塩やホットソースを加えても良いでしょう。

【用意するもの】
芋焼酎:70ml
トマトジュース:70ml
レモンジュース:5ml
氷:適量

【作り方】 1.グラスに氷と芋焼酎を入れる
2.レモンジュースを入れてトマトジュースを注ぎ、よく混ぜる

 

焼酎でいろんなカクテルに挑戦してみよう!

甲類焼酎や乙類焼酎で作るカクテルのレシピを紹介しました。

優しい甘みのものや、すっきり爽やかな味わいのものなど、飲みやすいカクテルばかりです。ぜひ作ってみ てはいかがでしょうか。

甲類焼酎は、いろいろな材料に合う使い勝手の良さが魅力です。

また、乙類焼酎は独特の風味により、カクテルに新しい味わいを生み出す魅力があります。

カクテル作りに興味があっても、自宅に何種類ものスピリッツを用意するのは大変ですよね。

その点、焼酎カクテルなら焼酎を用意するだけでたくさんのカクテルを楽しめるでしょう。

焼酎カクテルの作り方をマスターして、いっそう充実したリラックスタイムを過ごしてくださいね。