15,000円以上のご注文で、送料無料

迎え酒は二日酔いに効くって本当?正しい二日酔いの対処法とは

 「二日酔いになってしまったら迎え酒をすれば、つらい症状がやわらぐ」と聞いたことがある方もいるのではないでしょうか。

迎え酒は昔からの言い伝えではあるものの、本当に効果があるかどうかは別の話です。

この記事では、迎え酒の由来や二日酔いへの効果の有無、二日酔いの原因や正しい対処法について解説します。

二日酔いに悩むことが多い方はこの記事の内容を参考にしてください。

 

迎え酒とは?

迎え酒とは、二日酔いの症状をさらなる飲酒によって軽減するという民間療法です。

江戸時代の川柳をみると、当時から迎え酒の風習があったことがわかっています。

「迎ひ酒あたまてんてんしては呑み」 と言うように、上方落語の「長者番付」という演目にも、安酒を飲んで悪酔いした江戸っ子が 迎え酒をしようとするシーンが登場します。

世界各国にも「迎え酒」にあたる言葉が存在することから、「毒を以て毒を制す」ならぬ「酒を以て酒を制す」というアイデアは人類共通なのでしょう。

実際に「迎え酒で二日酔いのつらさが治まった」という声もあります。

しかし、迎え酒は本当に、二日酔いの正しい対処法なのでしょうか。

 

二日酔いになる原因とは?

お酒を飲んで体に吸収されたアルコールは、肝臓で分解される過程で毒性物質のアセトアルデヒドになります。

アセトアルデヒドが体に及ぼす不快な作用が二日酔いで、主な症状は頭痛や胸やけ、胃のむかつき、吐き気、動悸などです。

アセトアルデヒドは、やがてアセテート(酢酸)に変換されて血液に戻り、体中を巡りながら二酸化炭素と水に分解されて、呼気や汗、尿などに混じって体外に排出されます。

アセトアルデヒドの分解がスムーズであれば、不快な症状が長く続くことはありません。

つまり、自分の適量を超えた飲酒によって肝臓がアセトアルデヒドを分解しきれなくなっている状態が二日酔いと言えます。

 

迎え酒で二日酔いが治るって本当?

かつては、迎え酒が二日酔いを治す効果があると言われていた時代もありました。

昭和の半ばごろには、迎え酒によってアセトアルデヒドの濃度が薄まる、利尿作用によってアセトアルデヒド代謝が促されるといった説が、まじめに唱えられていたそうです。

しかし、現在はさまざまな研究結果によって、迎え酒の効果は「その場しのぎ」「気のせい」に過ぎないとされています。

「二日酔いのときにもっとお酒を飲むとなんとなく楽になる」と感じる理由は、アルコールが脳を麻痺させることにより苦痛を感じにくくなっているに過ぎません。

つまり「迎え酒は酔わない」という説も迷信ということになります。

迎え酒は肝臓への負担を増やし、アセトアルデヒドの代謝を遅らせるため、二日酔いの解消方法として不適切です。

それだけでなく、健康にさまざまなリスクをもたらす可能性があります。

 

迎え酒は危険な行為なのでやめよう

迎え酒をすれば、前に飲んだアルコールが分解されずに体内に残った状態で、さらにアルコールを重ねることになります。

結果、毒性物質であるアセトアルデヒドも体内に蓄積されてしまい、二日酔いを長引かせる原因になってしまうのです。

また、迎え酒をすればそれだけ飲酒総量も増えてしまうためアルコールの過剰摂取による アルコール中毒になる 危険性があります。

そうして過剰な飲酒を習慣として続けるうちに、常時お酒を飲まずにはいられなくなるアルコール依存症になるリスクも増大するのです。

このように、迎え酒には二日酔いを治す効果がないだけでなく、健康への深刻な悪影響をもたらしかねません。

迎え酒をする癖のある方や、二日酔いがつらいときに無意識にお酒に手が伸びてしまう方は、意識して迎え酒をしないように注意が必要です。

とはいえ、二日酔いは本当につらく、何とかして早く治したいものですよね。そこで、二日酔いになったときの正しい対処法をご紹介します。

二日酔いになったときのおすすめ対処法 さきほども説明したように、迎え酒に二日酔いを治す効果はありません。

迎え酒は二日酔いをかえって長引かせたり、飲酒量が増えることによって健康への悪影響が懸念されたりと、何も良いことはないのです

二日酔いを早く治すためには、水分をたくさん摂る、糖やビタミンCなどの栄養を摂取する、安静にするなどの対処法がおすすめです。

それぞれについて、以下で説明します。

 水分をたくさん摂る

アルコールには利尿作用があるため、お酒を飲んだあとの体は脱水症状を起こしています。

そのため、二日酔いのときは、水分をたくさん摂取することが大切です。

ただし、二日酔いのときは胃腸も弱っているため、冷たい水などを一気飲みすると下痢をする場合があります。

カテキンやカフェインを多く含む熱いお茶やコーヒーなどをゆっくりと飲むのがおすすめです。

 糖やビタミンCなどの栄養を摂取する

アルコールを摂取すると血糖値が下がることによって、頭がクラクラするといった症状があらわれます。

二日酔いのときも体が低血糖を起こしているため、積極的に糖分を摂取することが大切です。

特にフルーツに含まれる果糖が糖分の補給に適していると言われています。

また、ビタミンCはアセトアルデヒドの分解を助け、副腎機能の回復に有効とされているため、二日酔いのときに積極的に摂りたい栄養素です。

二日酔いになったら、果糖とビタミンCを豊富に含むフルーツやトマトなどを食べたり、ジュースやサプリメントを利用したりすると良いでしょう。

 安静にする

二日酔いのときには激しい運動や入浴などを避け、可能であれば横になっておく、座って過 ごすなど安静にすることが大切です。

二日酔いの状態では体内に多くのアセトアルデヒドが残っています。

アセトアルデヒドには自律神経を刺激して血圧を上げたり、体を緊張状態にしたりする作用もあるため、心臓に負担がかかりがちです。

二日酔いのときにはジョギングや入浴などにより大量に汗をかくことで、アルコールを早く抜こうとする人も少なくありません。

しかし、これらは心臓に大きな負担をかける危険な行動です。

お酒が完全に体から排出されて体調が回復するまでは、やめておいた方が安全と言えます。

お酒は楽しく、適量で留めるように注意しよう!

二日酔いを早く治そうとして迎え酒をすると、かえって回復を遅らせたり、飲酒量が増えることでアルコール依存症になりやすかったりというリスクが生じます。

二日酔いへの対処法としては、水分・糖分・ビタミンCを補給することや安静に過ごすことがおすすめです。

二日酔いは、自分の許容量を超えて飲みすぎたことのサインでもあります。

つらい二日酔いにならないためにも、お酒は適量で楽しむように心がけましょう。