プライバシーポリシー

「Chiba-sake.com」(以下、「当社」といいます)ではお客様に当社をご利用していただく際に、お客様の氏名、住所、電話番号、メールアドレスなどお取引やご連絡に必要な情報を開示していただきます。当社は、個人情報保護法を順守し、このプライバシーポリシーにのっとって個人情報を取り扱います。

1.個人情報の利用目的

当社は、当社が取得した個人情報を以下の目的で利用します。
1) お客様への商品の発送および代金の請求のため
2) お客様に当社が行うキャンペーンや商品・サービスのご案内をするため
3) 当社のサービス改善を行うため
4) お客様からのご要望やお問い合わせに対する回答をするため

2.個人情報の管理について

当社は以下の体制で個人情報を管理します。
1) 個人情報保護法やガイドラインに従って必要な社内体制を整備し、従業員から個人情報の取り扱いを適正に行う旨の誓約書を取得します。
2) 個人情報の利用を業務上必要な社員だけに制限し、個人情報が含まれる媒体などの保管・管理などに関する規則を作り、個人情報保護のための措置を講じます。
3) システムに保存されている個人情報については、業務上必要な社員だけが利用できるようアカウントとパスワードを用意し、アクセス権限管理を実施します。なお、アカウントとパスワードは漏えい、滅失のないよう厳重に管理します。
4) インターネットによる個人情報にかかわるデータ伝送時のセキュリティーのため、必要なウェブページに業界標準の暗号化通信であるSSLを使用します。
5) サービスに支障が生じないことを前提として、個人情報の受領時から一定期間経過後、個人情報は随時削除していきます。

3.第三者提供について

1)不正な目的をもって商品を注文するような方にサービスのご利用をお断りするために、不正な目的での利用がなされたと判断したお取引に関する注文情報を運営会社に提供します。
2)前項の場合を除き、当社は、お客様の同意がない限り、個人情報を第三者に開示することはありません。ただし、以下の事例に該当する場合はその限りではありません。
・法令に基づき裁判所や警察等の公的機関から要請があった場合
・法令に特別の規定がある場合
・お客様や第三者の生命・身体・財産を損なうおそれがあり、本人の同意を得ることができない場合
・法令や当社の利用規約・注意事項に反する行動から、当社の権利、財産またはサービスを保護または防御する必要があり、本人の同意を得ることができない場合

4.個人情報の開示について

お客様から個人情報の開示要求があった場合は、本人であることが確認できた場合に限り開示します。
注:本人確認の方法
本人であることが証明できるもの(免許証、保険証など)の写しを、当社宛てに郵送してください。
内容を確認させていただき、本人であることが明確になり次第、開示させていただきます。

5.個人情報の共同利用について

Chiba-sake.comを共同運営する千葉県酒類販売株式会社と株式会社オニオン新聞社はお客様により良いサービスを提供させて頂くためにお客様の個人情報を共同利用させて頂きます。
特定の者との間で共同して利用される個人データを当該特定の者に提供する場合であって、次の①から④までの情報を、提供に当たりあらかじめ本人に通知し、又は本人が容易に知り得る状態に置いているときには、当該提供先は、本人か ら見て、当該個人データを当初提供した事業者と一体のものとして取り扱われることに合理性があると考えられることから、第三者に該当しない。
また、既に特定の事業者が取得している個人データを他の事業者と共同して利用する場 合には、当該共同利用は、社会通念上、共同して利用する者の範囲や利用目的等が当該個人 データの本人が通常予期し得ると客観的に認められる範囲内である必要がある。その上で、 当該個人データの内容や性質等に応じて共同利用の是非を判断し、既に取得している事業 者が法第 15 条第 1 項の規定により特定した利用目的の範囲で共同して利用しなければならない。
①共同利用をする旨
②共同して利用される個人データの項目
 事例 1)氏名、住所、電話番号、年齢
 事例 2)氏名、商品購入履歴
③共同して利用する者の範囲
共同利用の趣旨」は、本人から見て、当該個人データを提供する事業者と一体のも のとして取り扱われることに合理性がある範囲で、当該個人データを共同して利用す ることである。
したがって、共同利用者の範囲については、本人がどの事業者まで将来利用されるか 判断できる程度に明確にする必要がある。
なお、当該範囲が明確である限りにおいては、必ずしも事業者の名称等を個別に全て 列挙する必要はないが、本人がどの事業者まで利用されるか判断できるようにしなけ ればならない。
④利用する者の利用目的
共同して利用する個人データについて、その利用目的を全て、本人に通知し、又は本 人が容易に知り得る状態に置いていなければならない。
なお、利用目的が個人データの項目によって異なる場合には、当該個人データの項目 ごとに利用目的を区別して記載することが望ましい。
⑤当該個人データの管理について責任を有する者の氏名又は名称
「個人データの管理について責任を有する者」とは、開示等の請求及び苦情を受け付 け、その処理に尽力するとともに、個人データの内容等について、開示、訂正、利用停 止等の権限を有し、安全管理等個人データの管理について責任を有する者をいう。
なお、ここでいう「責任を有する者」とは、共同して利用する全ての事業者の中で、 第一次的に苦情の受付・処理、開示・訂正等を行う権限を有する者をいい、共同利用者 のうち一事業者の内部の担当責任者をいうものではない。
また、個人データの管理について責任を有する者は、利用目的の達成に必要な範囲内 において、共同利用者間で利用している個人データを正確かつ最新の内容に保つよう 努めなければならない(3-3-1(データ内容の正確性の確保等)参照)。
×
Welcome Newcomer