和蔵酒造

「和」の文化を人の「和」で繋ぐ。二つの蔵から未来を見据える、古くて新しい酒づくり。

住所
〒299-1621 富津市竹岡1
和蔵酒造

酒づくりを未来に繋げる、二つの酒蔵

  • 明治7年より富津竹岡の地で清酒「聖泉」を醸してきた池田酒造。
    明治初期より君津貞本の地で清酒「鹿野山」を醸してきた原本家。
    両者が平成18年3月に統合したのが和蔵酒造です。
    目指したのは、旧来の杜氏制度からの脱却でした。
    和蔵酒造は地元社員による酒づくりに転換を図るとともに、二つの酒蔵で、日本酒と焼酎・リキュールの製造機能を分担。
    社員が一年を通して酒づくりに取り組める、働きやすい環境を作っています。
    その根底にあるのは、「和」の文化を人の「和」で未来につなぎたい、という思いでした。

守るべきところは守る、固い信念が良酒を醸す

  • 日本酒、焼酎、リキュール、伝統的な製法で酒づくりを行う和蔵酒造の信念は、「基本に忠実であること」、「手間を惜しまないこと」。
    現代社会に合わせて変えるべきところは変える。
    それでも、守るべきことは守らなければならない。
    微生物の繊細な営みが鍵を握る酒づくりは、些細なことで雑味が混じるため、わずかな気の緩み、甘えも許されません。
    徹底的に清潔を保ち、謙虚な姿勢で仕事と向き合い、微生物の声に耳を傾ける、そんな真面目さの積み重ねこそが、和蔵酒造の良酒を醸しています。

地酒の誇り、地場のこだわり、地元への感謝

  • 主銘柄「聖泉」のコンセプトが、「自己主張しすぎずに、一歩引いて、料理の味わいを引き立てる包容力」であるように、日本酒は究極の食中酒である、と考える和蔵酒造。
    その原材料は千葉の地酒として、千葉の産地特性にこだわっています。
    水は蔵の敷地内にある深井戸から、米は千葉産の酒造好適米の「総の舞」と「ふさこがね」を主体に。
    百年を超える歴史を地域とともに歩んできた和蔵酒造。酒蔵を地域資源として地域の振興に積極的に取り組むのも、地酒をつくる地元の酒蔵としての感謝の思いからでした。

×
Welcome Newcomer