飯沼本家

300年の伝統を守りながらも、柔軟に変わり続ける勇気を大切に、酒々井発“SAKE”文化を全国に、そして世界に創造する。

住所
285-0914 印旛郡酒々井町馬橋106

300年の歴史を大切に、未来を拓く酒蔵

  • 飯沼本家の酒づくりのはじまりは江戸時代・元禄年間。佐倉藩の当主からの命を受け余剰米から酒造をはじめたことがきっかけだと伝えられています。

    以来、300年にもわたる伝統を引き継ぎながら、常に「時代の先」を見据え、柔軟に変わり続ける勇気を大切にしています。
    未来を意識した酒づくりは、代表銘柄である「甲子(きのえね)」の味わいにあらわれています。
    若い人にも好まれる、キレの良さ、フレッシュ感を重視しており、酒づくりの現場でも次の時代を担う若手の蔵人が最前線で活躍しています。

日本酒を通した「場」づくり

  • 飯沼本家の活動はお酒づくりだけではありません。
    地域社会に支えられている感謝を胸に、日本酒を通した「場」づくりで、地元の方々に還元することを大切にしており、酒米のほか、ブルーベリーなどを栽培する「きのえね農園」を運営しています。
    ここでは農家の担い手不足などの問題にも向き合い、米づくりから自社で一貫して行っていく基盤を育てています。
    酒蔵は敷居が高いというイメージを払拭したいと、敷地内に建てた酒蔵CAFE「酒々井まがり家」では、お酒の販売はもちろん、酒粕や「きのえね農園」の作物を使ったお料理を提供。
    古民家を移築、再生してつくられた自然と調和する趣のある空間で、ゆったりとした憩いの時を過ごすことができます。
    また月に1回、“いつもの日曜日をもうちょっと幸せに”をコンセプトに地元の方々と協同で朝市も開催しています。

日本酒ヌーボー「酒々井の夜明け」

  • 柔軟に挑戦を続ける飯沼本家の取り組みの中でも特にユニークなお酒が純米大吟醸「酒々井の夜明け」です。
    コンセプトは年に一度の初搾りを、上槽を終えてから24時間以内にお届けするフレッシュな“日本酒ヌーボー”。
    日本酒になじみのない方にも、豊かな日本酒の味わいに出会うきっかけをつくりたいという飯沼本家の想いがつまった、シーズンの幕開けを祝う1本です。
    酒米には千葉県内のみで生産されているお米「ふさこがね」を贅沢に精米歩合50%で使用。
    酒々井の清冽な水によって酒づくりをおこなう、まさに千葉の自然の恵みによって生み出されており、年を追うごとにファンが増える好評企画となっています。

×
Welcome Newcomer