16,500円(税込)以上のご注文で、送料無料

日本酒の原酒ってどんなお酒?原酒の味わいやおすすめの原酒も徹底紹介

日本酒を買おうかなとラベルを見た時に、「原酒」という文字が書かれていたことはありませんか? 

「原酒ってなんだろう?」と検索しても、説明が難しくてよくわからなかったという方も多いと思います。

日本酒を語る上で欠かせない原酒は、どんなお酒なのか、どんな味わいなのかを知っておくことで、今後の日本酒選びがもっと楽しくなること間違いなし。

そこで今回は、原酒の魅力や酒どころ千葉おすすめの原酒をたっぷりご紹介しましょう。

 

原酒ってどんなお酒?

 

日本酒は造る過程で「加水」という作業を行います。

造ったばかりの日本酒はアルコール度数が20度前後と高めなので、水を加えて度数を15度前後と飲みやすく調整するのです。

それに対して原酒とは、加水を行わない日本酒を指します。

水を加えないためにアルコール度数は20度前後のままであり、日本酒初心者さんが飲むと驚いてしまうようなしっかりとした味わいが特徴です。

ちなみに、日本酒のラベルに「無加水」と書かれている場合も原酒と考えてください。

原酒の味わいとは

 

では、加水を行っていない原酒はどのような味わいなのでしょうか?

 濃醇な香りとコク

加水された日本酒は、アルコール度数が低くなって飲みやすくなると同時に、元々の香りや味わいも抑えられています。

しかし、水を加えていない原酒は搾りたてそのものの日本酒を味わえるため、お米本来の濃厚な香りやコクを楽しむことができるのです。

口に入れる時にふんわりと香るお米の香りは、原酒でしか感じられない特別なもの。

まさに日本酒好きにはたまらないお酒と言えるでしょう。

 パンチのきいた旨味

飲みやすく調整された一般的な日本酒と異なり、原酒は口に入れるとインパクトのある味わいががつんっと響きます。

お米のコクや旨みを強烈に感じることができる原酒ですが、中には個性的な味わいのものも多いので、日本酒初心者さんは慎重に選ぶことが大切です。

この記事では後ほどおすすめの原酒を紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

おすすめの飲み方3

 

パワフルな味わいが魅力的な原酒は、果たしてどのように飲めばいいのでしょうか?

こちらでは、おすすめの飲み方を紹介しましょう。

 ストレートに楽しむならロックで

原酒の旨みを楽しみたいなら、氷を浮かべたグラスに日本酒を注ぐロックがおすすめ。

「え、焼酎とかウイスキーならわかるけど、日本酒でロック?」と驚く方もいると思いますが、実は日本酒マニアの間で古くから話題になっている飲み方なんです。

味わいの強い原酒だからこそ氷を浮かべても水っぽくならず、美味しく飲めます。

さらに、氷が溶けるに従って原酒の味わいもどんどんまろやかになるので、1杯で味の変化を楽しめるのも嬉しいところ。

氷は水道水を固めた自作のものではなく市販の氷を使うことで、余分な雑味が邪魔せずに最後まで楽しむことができます。

 爽やかな口当たりの
 日本酒ハイボール

日本酒ハイボールとは、原酒をソーダで割った飲み方のことです。

氷を入れたグラスに、日本酒とソーダの割合を1:1で注ぎかき混ぜて飲んでみましょう。

しゅわしゅわっとしたソーダが日本酒とよくあって、爽やかな口当たりを生み出し、思わずスイスイと飲めてしまいます。

「原酒には挑戦したいけど、そのままで飲む勇気はない。。」という原酒初心者さんにはぜひ試して欲しい飲み方です。

「ソーダで割るなんて邪道だ!」と思うかもしれませんが、実は推奨している酒蔵もあるほど広まっており、爽やかな飲み口は暑い夏にもぴったりでしょう。

 フルーティ&お洒落な
 日本酒カクテル

日本酒はソーダで割るだけではなく、他のジュースとも相性の良いお酒です。

日本酒カクテルには原酒を使うことで、どんな割材と合わせても日本酒の旨みや香りを損なうことなく美味しいカクテルを作ることができます。

では、おすすめの日本酒カクテルのレシピをご紹介しましょう。

日本酒と緑茶のカクテル

【用意するもの】
・日本酒:80ml
・緑茶:80ml
・氷:適量

    【作り方】
    1.氷を入れたグラスに半分程度まで日本酒を注ぎ、軽くかき混ぜる。
    2.緑茶をゆっくりと注いで、再度かき混ぜたら完成です。

    日本酒と同じく日本を代表する飲み物の緑茶は、割材としても抜群です。

    まろやかな味わいと鮮やかなグリーンカラーを楽しめる、夏にぴったりのカクテルでしょう。

     

    日本酒とトマトジュースのカクテル

    【用意するもの】
    ・日本酒:80ml
    ・トマトジュース:80ml
    ・氷:適量

      【作り方】
      1.氷を入れたグラスに半分程度まで日本酒を注ぎ、軽くかき混ぜる。
      2.トマトジュースをゆっくりと注いで、再度かき混ぜたら完成です!

        トマトには日本酒と同じくアミノ酸が含まれているので、2つの組み合わせはバッチリです。

        さらにレモンを絞ることで爽やかな後味になりますよ。

         

        日本酒と飲むヨーグルトのカクテル

        【用意するもの】
        ・日本酒:80ml
        ・飲むヨーグルト:80ml
        ・氷:適量

          【作り方】
          1.氷を入れたグラスに半分程度まで日本酒を注ぎ、軽くかき混ぜる。
          2.飲むヨーグルトをゆっくりと注いで、再度かき混ぜたら完成です!

            日本酒と飲むヨーグルトは共に発酵飲料であり、乳酸にも関わりが深いことから、意外にもマッチする組み合わせなんです。

            ミルキーで程よい酸味が魅力的なこちらのカクテルは、日本酒が苦手な方もきっと飲むことができるでしょう。

             

            酒どころ千葉のおすすめ原酒

            では、美味しい日本酒がたくさんある千葉の原酒を紹介します。

             祥兆 原酒

            原酒にもかかわらず軽快な味わいと風味が魅力的な「祥兆 原酒」。

            「美山錦」を精米歩合65%に磨いたこちらのお酒は、お米の香り高い味わいを楽しめるストレートやロックで飲んでみましょう。

             旭鶴 原酒

             
            先代から50年以上変わらない味を引き継いだこちらのお酒は、原酒らしいパンチのきいた味わいが特徴です。

            濃厚な味わいはロックや少量の炭酸を加えて楽しんでみてください。

             銚子の誉 本醸造原酒

             

            日本酒度が+5と辛口の日本酒であり、味の濃い料理にも負けないほどの力強い口当たりが特徴です。

            味と香りのバランスが整っているこちらの日本酒は、焼酎を飲むようにロックで味わうのがおすすめでしょう。

             吉寿 本醸造原酒

             

            平成の名水にも選定された地元の軟水を使用したこちらの日本酒は、原酒でありながらも柔らかい口あたりを感じられます。

            飲む際は、冷酒として和食だけではなく中華や洋食にも合わせてみてください。

             大多喜城 原酒 本醸造

             

            搾りたてのお米の旨み、そしてコクをしっかりと味わえるこちらの日本酒は、「どっしりとした重厚感がたまらない!」とファンを唸らせています。

            うなぎなどのパワフルな料理にも負けない深い味わいは、好みの温度でいただくのがおすすめ。

            日本酒の原酒はお米の旨みを感じられる

            加水をせずに瓶詰めされた原酒は、日本酒本来の味わいを楽しむことができます。

            濃厚でパンチのある味わいは、一度飲んでしまえば虜になること間違いなし。

            そのままストレートで、あるいはロックやハイボール、さらにはカクテルなど、さまざまな飲み方で楽しんでみましょう。